年賀状印刷安いランキング

2018年も9月に入り早い所では年賀状印刷会社が注文受付を開始し始めます。今年出す年賀状は「平成」最後の年賀状になります。そろそろどんな年賀状にしようかなぁと図案など考えておいた方が年末バタバタしなくて済みますよ!(自分にも言い聞かせてます 笑)

年々、各社のサービスが向上し簡単に使いやすくなってきてますね!ネットの格安の年賀状印刷サービスのほとんどがスマホから申込めるようになってとても便利です!

近所の写真プリント屋さんより、ネットの年賀状印刷の方が安い!早い!キレイ!便利!三拍子いやいや四拍子揃ってますね!

我が家では、私が年賀状担当で自分の会社(仕事)関連用、家族用、子供用とに分けて、それぞれの特長に合わせて年賀状印刷サービスも使い分けてます。

年賀状印刷サービス選びのポイント

ネット注文できる年賀状印刷会社は、本当にたくさんあり公式サイトを見てるとどの会社も魅力的なので迷ってしまいます。

迷っている間にどんどん月日が流れ、あっという間に年末ギリギリになって焦って注文した経験が私にもあります。

これまで年賀状印刷をネット注文してきた私の年賀状印刷会社選びのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。  

ポイント

年賀状印刷価格が格安であること

ネットで注文するんですから会社選びにやっぱり料金は大切なポイントです。

印刷が早いこと

一昔前は、印刷ってものすごく時間が掛かっていましたが、ここ数年技術の進歩で印刷はめちゃくちゃ早くなりました。

年賀状の場合は、デザイン面だけ印刷を依頼して一言を自筆で追加して書いたり、宛名は自分で家庭用プリンターで印刷したり、もしくは手書きしたりすることがあります。

そんな時には、やはり印刷が早い方が助かりますもんね!

分かりやすいこと

何が分かりやすいかというと注文画面や年賀状デザイン画面です。

用意されている年賀状デザインそのままでいい場合は、さほど気にする必要はありませんが、写真を入れたり、ちょっと文章を追加したりと少しでもオリジナル性を出したい場合には、デザインする費用があります。その際、注文画面やデザインする時の画面が分かりにくいとイライラしますし、もういいやってなります。だから管理画面が分かりやすく使いやすい方がいいんです!

デザインが豊富

上述の管理画面の分かりやすさ使いやすさにも通じるところがありますが、デザインが豊富で好みのデザインが見つかりやすいです。じゃないとカスタマイズしまくらないといけなくなりますから。

これらのポイントを踏まえ、私がこれまで年賀状印刷を注文した経験からおすすめの年賀状印刷会社をランキングにしましたので参考にしてみて下さい。

おすすめ年賀状印刷総合ランキング

私がこれまで色々な安い年賀状印刷をしてきた中で、おすすめのネットプリントサービスをランキングにしたので、参考にして下さい。
【最終更新日:2018年9月6日(木)】


ネットスクウェア

ネットスクウェアは、安い!早い!きれい!3拍子揃って年賀状印刷おすすめダントツNo.1

2019年 亥年の年賀状印刷65%オフの早割キャンペーンがスタートしました!

早割り&送料無料で今年もやっぱり年賀状印刷激安No.1でしょう!

  年賀状印刷の開始は、年賀はがきが販売される10月から印刷に掛かり順次納品されます。

※今年のクーポンコードはもうしばらくお待ち下さい!

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

1,608円~ @32.18円/枚

無料 なし ネットスクウェアの年賀状の口コミレビューはこちら

 

挨拶状ドットコム

挨拶状ドットコムは、年末年始も営業!料金の安さと納期の早さ&【無料宛名印刷】で選ぶならやっぱりここ!

年末年始も営業♪1/4(木)まで最終割引20%オフ!最短で2営業日で出荷!写真がきれいなフォトリッチ+宛名印刷(無料)しても4営業日で発送!!投函代行も!

年賀状デザイン870種類、そして宛名印刷もして2営業日で出荷という驚異的な納期の早さはピカイチです。
写真は通常のはがきに直接印刷するタイプと写真がきれいな銀塩プリントの「フォトリッチ」2種が用意されています。フォトリッチの納期が4日で発送!しかも、フォトリッチ+宛名印刷しても最短4日後に発送してくれるという驚異的な早さ!!

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

5,184円 @103.68円/枚

クーポン使えばさらに割引き!

無料

あり(無料) 挨拶状ドットコムの年賀状の口コミレビューはこちら

 

おたより本舗

年賀状印刷が格安で最短で当日出荷!年賀はがきの持ち込み可能で宛名印刷~代理投函まで丸投げできます!

印刷料金が安くて早い!14時までの注文は最短で当日出荷!送料無料!有料の宛名印刷してもまだ安い!【はがき買取サービス&代理投函】あり!

お昼の14時までの注文確定で、当日出荷してくれます!写真タイプの場合は翌々日出荷!しかも、宛名印刷をしてもこのスピードで出荷してくれるから驚きです。
デザインも1,079種類以上。さらに初心者の方でも安心できる保証サービスがついてます。印刷や加工品質に不満がある場合は、無料で1度だけ再印刷もしくは、キャンセル料なしで全額返金対応してくれるんです!これ凄くないですか!?

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

5,265円 @105.3円/枚

無料

あり(有料) おたより本舗の年賀状の口コミレビューはこちら

 

ふみいろ年賀状

印刷料金が安くて早い!14時までの注文は最短で当日出荷!送料無料!有料の宛名印刷してもまだ安い!【はがき買取サービス&代理投函】あり!

お昼の12時までの注文確定で、当日出荷してくれます!写真タイプの場合は翌々日出荷!しかも、宛名印刷をしてもこのスピードで出荷してくれるから驚きです。注文した1時間後には印刷工程にはいるそうです。
デザインも1,100種類以上。さらに初心者の方でも安心できる保証サービスがついてます。なんと印刷後に誤字脱字が見つかった場合でも無料で再印刷してくれるんです!

 

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

5,358円 @107.16円/枚

無料 あり(有料) ふみいろ年賀状の口コミレビューはこちら

 

いんさつどっとねっと

ネット注文で20%オフ!子供から大人まで大人気のジブリ、ディズニーとコラボしたディズニーキャラクターオリジナル年賀状、宛名面もデザインされた両面印刷年賀状が豊富!

普通の写真年賀状もあるし、昨年から動画年賀状が登場!宛名印刷も可能!

ディズニー年賀状もディズニーのキャラクターのみのタイプと写真が入れられるタイプ、さらに今年からはディズニーフォトカレンダー月年賀状も登場!
来年の干支にちなんで「柴犬まる」や「ぐ~たら犬」の年賀状もあります!

他にもいろいろなタイプの年賀状があります!それぞれカテゴリー分けされててとっても見やすいサイトになってます。

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

4,855円~ @97.1円/枚

無料

あり(有料) いんさつどっとねっとの年賀状の口コミレビューはこちら

 

らくらく年賀状

らくらく年賀状

年賀状印刷は激安!宛名印刷~代理投函まで激安&スピーディで丸投げできる年賀状印刷サービス!

とにかく多数ある年賀状印刷サービスと比較して圧倒的に安いです!しかも、宛名印刷(1枚12円)もでき代理投函は無料!とまさに年賀状印刷を丸投げ出来ます!
年賀状印刷にかかる費用をトータルで計算した時に一番安いのは、間違いなくこのらくらく年賀状だと思います!

最安値を目指して他社の価格を徹底的に調査し料金設定してるそうです。
ただ、年賀状デザインの数、バリエーションがちょっと少なくデザイン的にもよくある感じかなぁ。。。とにかく年賀状印刷価格を安く抑えたい人にはピッタリ!

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

2,225円~ @44.5円/枚

全国一律500円

あり(有料) らくらく年賀状の口コミレビューはこちら

 

平安堂

3営業日出荷&安い料金で宛名印刷までするならここ!

料金はネット注文なら1件40%オフ、2件以上の注文で50%オフと激安!100枚印刷が1件の場合4,323円、複数注文の場合3,603円(年賀はがき代別途)。宛名印刷が基本料金1,000円+印刷1枚30円(税別)なので100枚宛名印刷した場合プラス4,000円。

宛名印刷した場合の納期は、印刷注文の納期+5日後の出荷なので挨拶状ドットコムと比較すると時間が掛かりますが、とにかく安いです^^ なので、時間に余裕がある時は、平安堂。時間があまりない時は、挨拶状ドットコムと使い分けるのがいいでしょうね!

48枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

2,573円~ @54円/枚

※平安堂は4枚単位から注文

全国一律378円 あり(有料) 平安堂の年賀状の口コミレビューはこちら

 

年賀家族2018

写真入り年賀状印刷にこだわりたい方には印刷料金は他社と比較すると高いですが、ワンランク上の写真入り年賀状が印刷できます!

一昨年から始まった「ナジーム」というサービスが秀逸です。
写真と年賀状デザインの雰囲気がどうも合わない。という経験したこと無いですか!?w
写真がデザインに馴染む処理をしてくれるのでメチャクチャ自然な仕上がりになります。

他にも雑誌風の年賀状だったり、コマ割りされた枠に写真を入れて、漫画のような仕上がりになるコミック風、伝えたいことがたくさんある人にピッタリな手紙風、写真が最大43枚掲載できるデザインなどとにかく写真を魅せる年賀状が印刷できます。

50枚印刷した場合の価格
(ハガキ代は別)
送料 宛名印刷 管理人の口コミレビュー

11,826円~ @236.52円/枚

無料 あり(有料) 年賀家族2018の年賀状の口コミレビューはこちら
 

 

年賀状印刷で失敗しないために

私がネットで年賀状印刷を注文する時に気を付けていることを書いておきますので、参考にしてみて下さい。  

割引き率に惑わされないこと!

年賀状印刷を少しでも安く抑えたいと思ってる方が大半だと思います。私自身がそうですし^^ 各社が早割キャンペーンと題して○割引きとか○%オフキャンペーンなど実施していますが、その数字に惑わされてはいけません。   理由を書くまでも無いとは思いますが、そもそも基準となる定価が各社バラバラですから、○割引や○%オフという数字はあまり意味を持ちません。 極端な事を言えば、定価(通常料金)が高ければ、90%オフ!とか言えるわけですからね!   割引率ではなく、割引後の価格とトータル金額をチェックしましょう!  

年賀状印刷料金以外に必要な費用は無いか

上記の割引率にもかかわることですが、年賀状印刷料金以外に基本料金が必要な会社も時々あるので注意して下さい。 印刷料金がとても安くでも別途基本料金が必要で合計すると結構高くなるという事もあり得ます。  

通常年賀状印刷に必要な料金は

  • 年賀状印刷代金
  • 年賀ハガキ代
  • 宛名印刷代(宛名印刷する場合のみ)
  • 送料(会社によっては、無料のところもあります)
  • 決済手数料
  • 消費税

これくらいが一般的なんですが、会社によっては基本料金、登録料、宛名印刷基本料などが必要な場合もありますのでしっかりチェックする必要があります。  

早割キャンペーンを狙う

上記で割引率に惑わされない事と書きましたが、やはり早割りキャンペーン期間中、それも早ければ早いほど安くお得に注文できる可能性が高まります。 通常料金自体が安いうえにさらに早割でめちゃくちゃ安くなってる事があります。また、年賀状印刷料金の割引きだけじゃなく、送料無料や宛名印刷が無料になったりもします。   早い印刷屋さんでは9月から早割りキャンペーンを開始してる事もあるんですよ!  

年賀状印刷に求めるものをハッキリさせる

年賀状印刷をネット注文する理由は人それぞれだと思います。年末の忙しい時期に年賀状のデザインや文面を考えてる暇がないからとか、自宅のプリンターでは写真がキレイに再現できないからとか、様々だと思いますが、今一度何求めているのかをハッキリさせるとどこの会社を選べばいいのか見えてきます。

  • 年賀状印刷を安い金額で頼みたい
  • キレイな写真入り年賀状を送りたい
  • たくさんの写真を入れたい
  • 家族それぞれで違うデザインで送りたい
  • 他人とデザインが被りたくない
  • お洒落なデザインの年賀状にしたい
  • 年賀状印刷料金は少しくらい高くても写真にこだわりたい
  • 超特急で年賀状が必要
  • 宛名印刷まで頼みたい
  • 投函までして欲しい
  • 年賀状印刷を丸投げしたい

などなど   年賀状印刷にご自身が何を求めているのかを明確にしたら、こちらのネット年賀状印刷会社比較表からご自身がピッタリの会社を見つけて下さい。  

安い!キレイ!年賀状印刷!

お世話になった人に送る年賀状を用意することは、恒例の風物詩です。 しかし、大量の年賀状を用意するとなると、その労力も相当なものになり、特に取引先など、仕事上のものも用意しなければならなくなると、家庭用のプリンターなどでは印刷にかかる時間や費用、また手間も大変なものになってしまいます。 こうした大量の年賀状をできるだけ安く、また手軽に用意したいといったときに、ネットプリントサービスを行っている会社を利用するのはよい方法です。 こうしたネットプリントサービスの会社では、少数のロットからも対応しており、また一枚当たりの価格も、以前の印刷業界の相場に来れば、非常に安いものとなっています。 また、ネット上で簡単にデータを入稿することができ、個性的なオリジナルデザインの年賀状も、安い価格でキレイに印刷することが可能です。 店によっては、非常に短い納期にも対応しているため、時間がない時などでも利用できるのがメリットです。 年賀状印刷の価格が安いのに無料で宛名印刷までできるところ、写真印刷がキレイだったり、アナ雪やミッキーなどのディズニーやジブリなどキャラクターが豊富だったり、スマホから注文できたりなど各社それぞれ特長がありますので、ご自身の希望に合ったところがきっと見つかると思います。

大人なら年賀状を出そう(^_-)-☆

携帯電話そしてスマホ普及に伴い年賀状を出す人が減少しています。 私は、携帯とスマホ(iPhone)を持っていて、友人知人との連絡はLINEで行っています。 本当にLINEは便利です!   若い人がメールやLINEなどSNSで年始の挨拶を済ませてしまうのも分からないでもありません。 先日もとあるテレビで自分は年賀状を出さず、LINEで新年の挨拶をするけど、年賀状が届くとやっぱり嬉しいってアンケートに答えていました。   そうなんですよね~。 年賀状ってもらうと嬉しいんですよね! 元旦に郵便受けを見に行くの楽しみなんですよね。 普段なかなか会えない人との年に一度のやりとりの年賀状でも あ~元気にしてるんだ。とか、結婚したんだ。とか子供さん大きくなったなぁとか。   なんか、ほっとしますよね。   もらって嬉しい年賀状。 でも、出すのって結構面倒って思てしまいます。   だからこそ、もらうと嬉しいんです。 手間暇掛けて忙しい師走に年賀状書いてくれたんだ!ってね。 面倒な年賀状ですが、サービスもどんどん進化していて 年賀状の宛名印刷をしてくれてさらにポストへの投函まで代行してくれる会社まであり、 丸投げできます!   年賀状印刷料金もずいぶん安くなりました。   こういう時代だからこそ、ネットの年賀状印刷サービスを上手に利用して もらってうれしい年賀状を出してみてはいかがですか? もらうと嬉しい年賀状

2018年の年賀はがきデザインについて

2018年度の年賀ハガキのデザインもいくつものデザインがあります。 2018年戌年年賀状ハガキデザイン 左から

  • ディズニーキャラクター 年賀…初日の出を背景に、和服姿のミッキーとミニー。「隠れミッキー」を含む8つのミッキーのシルエットを描いています。
  • ハローキティ 年賀…落ち着いた色合いで、男性にもお使いいただきやすいデザインです。隠れリボンを含む7つのリボンで、新年を華やかに彩ります。
  • スヌーピー 年賀…ウッドストック(酉)からスヌーピー(戌)へのバトンタッチ、ゴールの瞬間、胴上げと、ストーリー性のあるデザインです。
  • いろどり年賀(うぐいす)…料額印面は富士山と初日の出に見立てた「戌」の字を、描いています。宛名面、通信面ともに淡いうぐいす色です。
  • 無地・くぼみ入り・四面連刷・オリジナル用四面連刷…料額印面は絵馬に干支の犬を、くじ部分は「無病息災」に掛けた6つの瓢箪を描いています。絵馬には犬の他に、前後の干支(酉と亥)が隠れています。
  • インクジェット紙…富士山に見立てた犬の顔を描いています。ふじ、フじ、FUJI(富士)の文字と、マイクロ文字の賀詞が隠れています。
  • インクジェット写真用…料額印面に色鮮やかな「福」の字、消印部分に「寿」の字、くじ部分に草を描き、春を告げる福寿草を表現しています。
  • 絵入り[寄附金付]…宛名面は、雪の庭を駆け回る犬を描いています。
  • 絵入り[寄附金付]通信面…淡い色合いで犬を描き、文字などを加刷しやすいデザインです。
  • 1枚につき5円が寄附金となり、その寄附金は東日本大震災による被災者の救助またはその予防(復興)、社会福祉の増進、青少年の健全育成を目的とする事業などを支援します。

年賀状ニュース

年賀はがきを52円で差し出すことができる期間は、 2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)です。

郵便料金の改定により、通常はがきの料金は52円から62円となりましたが、年賀はがきについては、12月15日~1月7日の間に限り、52円で差し出すことができます。 対象となるはがき 日本郵便が発行する年賀はがき 日本郵便が発行する年賀はがきについては、12月15日~1月7日の間に限り、52円で差し出すことができます。 私製はがき 私製はがきを使用して年賀状を差し出す場合、12月15日~1月7日の間に限り、52円で差し出すことができますが、必ずはがき表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記してください。 12月15日~1月7日の間に私製はがきを使用して年賀状を差し出す場合、「年賀」の朱記がないものは、通常はがきの料金(62円)の適用となり、一般の郵便物として年内のお届けとなる場合がありますので、ご注意ください。 注意事項 1月8日以降に年賀はがきを差し出す場合の料金は62円です。 1月8日以降は10円分の切手を貼り足していただく必要がありますので、ご注意ください。 抜粋:https://www.post.japanpost.jp/service/fee_change/nenga2018/

年賀状、1月2日は配達中止に バイトの確保困難が理由。

日本郵便は、来年2017年1月2日の年賀状の配達を13年ぶりに取りやめると発表しました。  日本郵便は郵政公社時代の2005年に、顧客サービスの一環として元日より少ないスタッフで2日の配達を再開しました。しかし、ピークの1998年には約37億通だった投函(とうかん)数が電子メールの普及などで減少し、今年は約23億通にまで落ち込んでいます。日本郵便は年始のアルバイト確保が難しいことなどもあり、2日の年賀状配達の中止を決めました。この結果、10億円のコスト削減が見込めるということです。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161025-00000052-ann-bus_all

ほとんどの方が1月1日に届くように前年の12月25日までに年賀状を投函してるので、2日に配達する年賀状は意外と少ないようです。 なので、2日配達が中止されてもあんまり影響はないでしょうね。。。それにしても、2日の配達を止める事で10億円のコスト削減とはすごいですね!

Copyright© 年賀状印刷格安ランキング【2019年】 , 2018 All Rights Reserved.