年賀状 書き損じ 交換

余った年賀状や書き損じた年賀状はどうしたらいいの?

多めに買って余った年賀状や突然の身内の不幸による服喪のために必要なくなった年賀状書き損じた失敗した年賀状ってどうしたらいいんだろうって思いますよね!?

 

まさか、そのままにしてたりしませんよね!?
もし、そのまま使わず引き出しの奥底にしまったまま。。。だとしたら
とっても損をしてますよ!!

 

書き損じ年賀状交換

実は、これらの余った年賀状や書き損じた年賀状は交換してもらえるんですよ!!

 

こちらのページでは、多めに買って余った年賀状や不幸による服喪のために必要なくなった年賀状、書き損じた失敗した年賀状の使い道についてご紹介していますので、ぜひお役立てください♪

 

余った年賀状の使い道

  • 普通ハガキとして使う
  • 普通ハガキや切手などに交換(手数料5円/枚)
  • ご不幸の場合は、普通ハガキや切手などに交換(手数料0円)

 

普通ハガキとして使う

何となく年賀状は、年賀状の用途でしか使用できないような気がしますが、普通にハガキとして使う事ができます。
とは言っても、友人知人に使うのは気が引けますよね(笑) 受け取った側は、あっ余った年賀状を使って出したな!って思います。

 

なので、懸賞などの応募に使うのがおススメです。
懸賞に使うなら年賀状でも問題ありませんし、当たればラッキー、外れてもまあ使わない年賀状ですしね(^_-)-☆

 

普通ハガキや切手などに交換(手数料5円/枚)

余った年賀状を全国の郵便窓口に持っていくと年賀状1枚当たり5円の手数料が掛かりますが、普通ハガキや切手などと交換する事ができます。
年賀状と交換できるもの
参考:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

 

上記の表は、日本郵便のホームページに掲載されている交換可能な商品一覧です。

 

 

不幸の場合は、普通ハガキや切手などに交換(手数料0円)

ご不幸のため購入したけど使わなくなったお年玉付き年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常はがきや切手などと交換してもらえます。

 

交換可能なものは

  • 通常切手(弔事用切手を含みます。)
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)

※特殊切手およびお年玉付き郵便はがき・切手は対象となりません。

 

無料交換できる期間は、お年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までです。

 

交換は、全国の郵便局で可能です。

 

交換方法は、郵便局の窓口に備え付けてある請求書に、請求される方の住所・氏名、亡くなられた方との続柄などを記入し、喪服であることを申し出ます。

 

書き損じた!失敗した!ミスプリントした年賀状の使い道

  • 手数料5円/枚で新しい年賀状と交換(年賀状販売期間内に限る)
  • 手数料5円/枚で普通ハガキや切手などに交換(年賀状販売期間後)
  • 不幸の場合は、普通ハガキや切手などに交換(手数料0円)

 

宛先不明で戻ってきた年賀状は!?

宛先不明で戻ってきた年賀状は、残念ながら交換することができません。もし同じ葉書に正しい住所を書き直して再度投函したい場合には、50円切手を購入して貼り、宛先不明の表記を消した上で「再差出」と赤いペンで明記して投函しなければいけません。

関連ページ

年賀状に「謹賀新年」「恭賀新年」などどれを使ったらいいの?
年賀状に「謹賀新年」「恭賀新年」などどれを使ったらいいのか迷った時は、年賀状を出す相手によって選びましょう。目上の方か友人知人かなどによって決まってきます。
年賀状でA HAPPY NEW YEARは間違い!?
年賀状で時々見かけるA Happy New Yearですが、実は間違いって知ってましたか?