喪中はがき 返事 マナー

喪中はがきへの返事のマナーについて

年末年始といえば、年賀状を出したり受け取ることがありますが、近親者が亡くなったときにはその挨拶を控える場合が多いです。

 

特に両親や兄弟の場合に関しては年賀状を出さないようにし、喪中はがきを出すことが一般的です。

 

その中でも、すでにお葬式などで弔問を済ませている場合に関しては、喪中はがき対しての返信はしなくてもよく、失礼には値しません。

 

しかしながら、年賀状が届かないお正月の間に身内を亡くされた方へはちょっとした心遣いとして返事を出すと、励ましの気持が届きます。

 

そのため、喪中はがきが届いたら、時と場合によっては返事をすることも必要です。

 

遠方に住んでいて弔問に訪れることができなかった場合にもそのような対応が適切です。

 

遺族がさみしい新年を迎えるに慰めと励ましの気持を伝え、自分も年始の挨拶を控えさせてもらうことについて触れておくといいです。マナーを守り、そっと見守ることが必要です。

 

今、こちらのネット印刷サービスのネットスクウェアでは、喪中はがきの早割があり格安で印刷できます。
送料も無料なので、もし喪中はがきの印刷をするならとてもお得です。

 

関連ページ

喪中はがきの出し方
喪中はがきの出し方〜喪中はがきが届いたらなどどう喪中はがきに関するマナーについてわかりやすく解説しています。
喪中はがきの宛名の書き方
喪中はがきの宛名の書き方ってご存知ですか!?喪中の挨拶をする面も、宛名書きする面も薄墨で描くのが慣例です。