喪中はがき 出し方

喪中のときには年始のあいさつを控えることが必要です。つまり、年賀状を控えるということになります。

 

ごく当たり前のことですが、ただやめるのではなく、
喪中はがきを出すのがマナーです

 

出し方は地域によっても異なる場合もありますし、宗教などによっても違う場合がありますので、詳しい人に確認してそれに従うといいです。

 

一般的には、喪中はがきを出すのはいつがいいかというと、年賀状の手配をする時期の直前となります。

 

服喪期間にも明確な決まりはありませんので、だれに喪中はがきを出すかということも自分たちで判断することになります。

 

ケースバイケースで柔軟に対応することが必要とされるのです。

 

そのため、基本的には前年の年賀状のやり取りがあった人や、故人の葬儀や通夜に参列してくれた人を中心にお世話になっている人に出すといいです。

 

新年のあいさつを割愛させていただくことへのお詫びや季節のあいさつを添えるとなおいい状態になります。

 

今、こちらのネット印刷サービスのネットスクウェアでは、喪中はがきの早割があり格安で印刷できます。
送料も無料なので、もし喪中はがきの印刷をするならとてもお得です。

 

関連ページ

喪中はがきの宛名の書き方
喪中はがきの宛名の書き方ってご存知ですか!?喪中の挨拶をする面も、宛名書きする面も薄墨で描くのが慣例です。
喪中はがきへの返事のマナー
喪中はがきへの返事のマナーについてわかりやすく解説しています。