喪中はがき

今、こちらのネット印刷サービスのネットスクウェアでは、喪中はがきの早割があり格安で印刷できます。
送料も無料なので、もし喪中はがきの印刷をするならとてもお得です。

 

喪中はがきのマナーについて|年賀状印刷安いランキング記事一覧

喪中はがきの出し方

喪中のときには年始のあいさつを控えることが必要です。つまり、年賀状を控えるということになります。ごく当たり前のことですが、ただやめるのではなく、喪中はがきを出すのがマナーです。出し方は地域によっても異なる場合もありますし、宗教などによっても違う場合がありますので、詳しい人に確認してそれに従うといいで...

≫続きを読む

喪中はがきの宛名の書き方

喪中はがきは、二親等以内の親族が出す、年賀欠礼の挨拶です。年賀状をだいたいの人が作り始める12月上旬までに出すのがマナーです。しかし人の生死はコントロールできませんので、12月を過ぎてから故人をお葬式で送り出したら、なるべく早く出すようにしましょう。喪中はがきを薄墨で出すのは、「悲しみの涙ですった墨...

≫続きを読む

喪中はがきへの返事のマナー

年末年始といえば、年賀状を出したり受け取ることがありますが、近親者が亡くなったときにはその挨拶を控える場合が多いです。特に両親や兄弟の場合に関しては年賀状を出さないようにし、喪中はがきを出すことが一般的です。その中でも、すでにお葬式などで弔問を済ませている場合に関しては、喪中はがき対しての返信はしな...

≫続きを読む